舌端月旦とは

人を批評すること。

古代中国、後漢時代末期の「許劭きょしょう」は批評家と知られ、高い評判を得ていた。
従兄の「許靖きょせい」とは仲が良くなかったが、毎月の1日に、共に『月旦評げったんひょう』と呼ばれる人物評論会を開いていた。
その影響力は凄まじく、当時の有力者であった袁紹えんしょう曹操そうそうですら気にかける程のもので、月旦評で称賛された者は必ず出世し、酷評された者は没落したという。

同義語:「人物月旦じんぶつげったん

四字熟語舌端月旦
読みぜったんげったん
出典『海録砕事』
対義語
使用漢字