鶏口牛後とは

大きな集団や組織の末端にいて軽んじられるより、たとえ小さくても自分が長となって重んじられるほうがよいという教え。

「鶏口」は鶏の嘴で、小さな団体の頭領の喩え。
「牛後」は牛の尻で、大きな組織の従者の喩え。

古代中国の戦国時代、遊説家の蘇秦そしんが、韓王かんおうに対して、強国の秦に屈して臣下に成り下がるより、小国とはいえ一国の王として権威を保つのがよいと説いて、韓・魏・趙・燕・斉・楚の六国が同盟するのを勧めたという故事が由来。

別表記:「鶏頭牛尾」
同義語:「鯛の尾より鰯の頭」

四字熟語鶏口牛後
読みけいこうぎゅうご
出典『史記』蘇秦伝
英訳Better be the head of a dog than the tail of a lion.
類義語
使用漢字