隠公左伝とは

勉強や読書などが長続きせず、途中で諦めてすぐに辞めてしまうこと。

隠公は、紀元前の春秋時代の魯の国王。
左伝は、古代中国の史書『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』の略語。

『春秋左氏伝』の内容は隠公元年の記事から始まる。
『春秋左氏伝』を読み始めてもすぐに飽きてしまって、読むのをやめてしまうということが『隠公左伝』の由来。

四字熟語隠公左伝
読みいんこうさでん
類義語
使用漢字