華胥之夢とは

昼寝または吉夢のこと。

古代中国の伝説の八人の君主「三皇五帝」のうちの一人『黄帝』が、昼寝をしていたところ華胥という国を旅する夢を見た。
華胥では、人々に不満などが何も無く、理想的な政治が行われていた。
目覚めた黄帝は、その夢で見たとおりに政治を行ったところ、国がよく治まったという。
また、この逸話から、理想郷のことを「華胥之国かしょのくに」と呼ぶようになった。

四字熟語華胥之夢
読みかしょのゆめ
出典『列子』黄帝
使用漢字