祇園精舎とは

古代インドのコーサラ国の首都シュラーヴァスティー(舎衛城)にあった僧院。
須達多すだったという名の大富豪が釈迦とその弟子のために私財を投じて建てた。

正式名称は祇樹給孤独園精舎ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ
「精舎」はサンスクリット語で寺院を意味する。

読みぎおんしょうじゃ
使用漢字