破鏡不照とは

割れた鏡は元に戻らないように、一度別れた男女は復縁するのが難しいという喩え。
一度壊れたものは、壊れる前と同じ状態には戻らないという意味にも用いる。

「破鏡照らさず」と訓読する。

読みはきょうふしょう
出典『景徳伝灯録』
類義語
使用漢字