漱石枕流とは

負け惜しみの強いこと。
ひどく無理矢理な屁理屈のこと。

「石にくちすすぎ流れにまくらす」と訓読する。

古代中国、西晋せいしん孫楚そんそは「石に枕し流れにくちすすぐ」と言うべきところを、「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい、誤りを指摘されると「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは耳を洗うためだ」と言って誤魔化した。

夏目漱石のペンネーム「漱石」はこの故事が由来。

別表記:「枕流漱石ちんりゅうそうせき」「孫楚漱石そんそそうせき

四字熟語漱石枕流
読みそうせきちんりゅう
出典『晋書』孫楚伝
英訳Sore loser stubbornly refusing to admit being wrong and adhering to the far-fetched argument
類義語
使用漢字