橘井杏林とは

医者に対する敬称。

「橘井」の由来:
晋の蘇耽そたんが臨終のとき、疫病が流行することを予言した。
またその際に井戸水と橘の葉が疫病に効果あると言い残した。事実、蘇耽の遺言によって多くの人が救われた。

「杏林」の由来:
呉の董奉とうほうが病人の治療代として杏の種子を植えさせた。それが数年後には大きな林になった。

四字熟語橘井杏林
読みきつせいきょうりん
出典『神仙伝』
使用漢字