椽大之筆とは

垂木のような大きな筆。転じて、重厚で格調高い立派な文章の喩え。

古代中国、西晋せいしんの時代。王珣おうじゅんは、ある日、垂木のように大きな筆を与えられる夢を見た。
その後ほどなくして、武帝ぶていが崩御し、その弔辞を頼まれて堂々とした文章を書いたという故事が由来。

四字熟語椽大之筆
読みてんだいのふで
出典『晋書』王珣伝
類義語
使用漢字