桐壺源氏とは

長編小説の『源氏物語』を、一念発起して読み始めても、最初の桐壺の巻で飽きて辞めてしまうこと。
努力や習慣が長続きしないことの喩え。

同じ意味で「須磨源氏」とも言うが、「須磨の巻」は『源氏物語』の全54巻のうちの12番目に当たる。
いずれも中途半端で投げ出してしまうことを揶揄した言葉。

なお『源氏物語』の全54巻は以下のとおり。

  1. 桐壷
  2. 帚木
  3. 空蝉
  4. 夕顔
  5. 若紫
  6. 末摘花
  7. 紅葉賀
  8. 花宴
  9. 花散里
  10. 須磨
  11. 明石
  12. 澪標
  13. 蓬生
  14. 関屋
  15. 絵合
  16. 松風
  17. 薄雲
  18. 朝顔
  19. 乙女
  20. 玉鬘
  21. 初音
  22. 胡蝶
  23. 常夏
  24. 篝火
  25. 野分
  26. 行幸
  27. 藤袴
  28. 真木柱
  29. 梅が枝
  30. 藤のうら葉
  31. 若菜(上)
  32. 若菜(下)
  33. 柏木
  34. 横笛
  35. 鈴虫
  36. 夕霧
  37. 御法
  38. まぼろし
  39. 匂宮
  40. 紅梅
  41. 竹河
  42. 橋姫
  43. 椎が本
  44. 総角
  45. 早蕨
  46. 宿り木
  47. 東屋
  48. 浮舟
  49. 蜻蛉
  50. 手習
  51. 夢の浮橋
四字熟語桐壺源氏
読みきりつぼげんじ
類義語
使用漢字