曾母投杼とは

誤った噂話でも、多くの人が口にすれば誰もが信じるようになることの喩え。

「曾母、杼を投ず」と訓読する。

親孝行で知られた曾参そうしんと同姓同名の男が人を殺した際、曾参の母親は「曾参が人を殺した」と告げられたが信じなかった。
母親は曾参を信じて平然としていたが、三人から同じことを言われると、機織仕事を投げだして家を飛び出たという。

同義語:「曾参殺人そうしんさつじん

四字熟語曾母投杼
読みそうぼとうちょ
出典『戦国策』秦策
類義語
使用漢字