奇貨可居とは

チャンスは逃さずに、利用しなければならないという喩え。
または、珍しい物品を貯えておいて価値が上がったときに売ること。

中国戦国時代末期。ちょうの人質となっていたしんの「子楚しそ」を商人の呂不韋りょふいが見出し、援助することにした。後に子楚は秦の君主『荘襄王そうじょうおう』となり、呂不韋はその大臣に就任したという故事が由来。

「奇貨、くべし」と訓読する。

四字熟語奇貨可居
読みきかかきょ
出典『史記』呂不韋伝
使用漢字