因陀羅網とは

須弥山しゅみせんの頂上に住むという神「インドラ」の宮殿を飾る網。
網の結び目には宝玉がつけられ、その表面は鏡のように互いに写し合っており、無限に反射しているという。

インドラ神は仏教に取り込まれ「帝釈天たいしゃくてん」と名を変えている。

四字熟語因陀羅網
読みいんだらもう
出典『華厳経』
使用漢字