倚馬七紙とは

素晴らしい文章を素早く書き上げる能力。文章の天才。

古代中国。東晋の「桓温かんおん」が部下の「袁虎えんこ」に布告文を書くように命じたところ、桓温が馬に寄りかかって待つ間に、袁虎は手にした筆を休めることなく、七枚の紙に長文を書き上げたという故事が由来。

四字熟語倚馬七紙
読みいばしちし
出典『世説新語』文学
使用漢字