釜底抽薪とは

兵法三十六計の第十九計。

敵軍の兵站や大義名分を壊して、敵の活動を抑制し、あわよくば自壊させる戦略。

北斉の魏収の文「抽薪止沸、剪草除根」が由来とされる。

釜の中で煮立っている湯を冷ますためには、釜の底の薪を抜き取って火を止めなければならないという意味。

兵法三十六計
瞞天過海
囲魏救趙
借刀殺人
以逸待労
趁火打劫
声東撃西
無中生有
暗渡陳倉
隔岸観火
笑裏蔵刀
李代桃僵
順手牽羊
打草驚蛇
借屍還魂
調虎離山
欲擒姑縦
抛磚引玉
擒賊擒王
釜底抽薪
混水摸魚
金蝉脱殻
関門捉賊
遠交近攻
仮道伐虢
偸梁換柱
指桑罵槐
仮痴不癲
上屋抽梯
樹上開花
反客為主
美人計
空城計
反間計
苦肉計
連環計
走為上
四字熟語釜底抽薪
読みふていちゅうしん
出典『兵法三十六計』
類義語
使用漢字