維摩一黙とは

雄弁よりも沈黙のほうが勝っているということ。

「維摩」は人名で、大富豪で釈迦の教えを受けた人。
あるとき、釈迦の弟子たちが議論をしているとき、意見を求められた維摩は沈黙を守り、仏の教えは文字や言葉で表現することはできず、修行を積んで心から心へ伝わるものだという「不立文字」の教えを態度で示した。

四字熟語維摩一黙
読みゆいまいちもく
出典『維摩経』
類義語
使用漢字