猿臂之勢とは

軍隊の進退や攻守を自在に変化させることのできる体制のこと。または遠い場所に陣を張ること。

「猿臂」は、猿のように長い腕のこと。
腕が長いと弓を引くのに便利なことから、弓の扱いが上手い人のことを指す。また、長い腕を伸縮して自由に動かせることから、攻守や進退が自在であることを意味する。

四字熟語猿臂之勢
読みえんぴのいきおい
出典『旧唐書』李光弼伝
使用漢字