流觴曲水とは

陰暦の三月三日に行われた風習。
屈曲した小川の流れに盃を浮かべ、流れてきて過ぎ去らぬうちに詩歌をつくり、酒を嗜む風流な遊びのこと。

日本では奈良時代や平安時代に行われ「曲水之宴きょくすいのうたげ」と呼ばれた。

別表記:「曲水流觴」

四字熟語流觴曲水
読みりゅうしょうきょくすい
出典王羲之『蘭亭集序』
使用漢字