殷鑑不遠とは

失敗の戒めになるものは、すぐ身近なところにあるという喩え。
また、身近な失敗例を自分の戒めにせよという教訓。

「殷」は古代中国の国の名前。
「鑑」は鏡で、お手本のこと。

中国の古代王朝は夏から始まり、殷、周と続く。殷王朝の戒めとなる良い見本は、遠くに求めなくても、暴政によって滅亡した前代の夏王朝があるという意味。

一般に「殷鑑いんかんとおからず」と訓読を用いる。

同義語:「商鑑不遠しょうかんふえん

四字熟語殷鑑不遠
読みいんかんふえん
出典『詩経』大雅
類義語
使用漢字