桃園結義とは

中国の後漢時代末期を舞台にした小説『三国志演義』の冒頭のエピソード。
張飛の家の庭にある桃園で「劉備(りゅうび)」「関羽(かんう」「張飛(ちょうひ)」の三人が義兄弟の契りを交わした逸話のこと。

歴史書の『三国志』にはこのエピソードの記載がないので、創作だと推察できる。
後に「義兄弟の契り」として広まり、力を合わせて事にあたることを意味するようになった。

「桃園に義を結ぶ」と訓読する。

俗に「桃園の誓い」と呼ばれる。

読みとうえんけつぎ
出典『三国志演義』
使用漢字