朝雲暮雨とは

男女が愛し合い結ばれること。

中国の戦国時代。楚の壊王かいおうが昼寝をしているとき、巫山ふざんの女神と契りを交わす夢を見た。
その別れ際に、女神に「朝には雲となって、夕方には雨になって、あなたの側におります」と言われたという故事が由来。

別表記:「雲雨巫山うんうふざん」「巫山雲雨ふざんうんう」「巫山之夢ふざんのゆめ」「雲雨之夢うんうのゆめ」「楚夢雨雲そむううん

読みちょううんぼう
出典『文選』宋玉「高唐腑」
英訳A sexual liaison
使用漢字