拱手傍観とは

ある事態に直面して、当然なすべきことがあるのに、眺めているだけで手を出さずに何もしないこと。

「拱手」は、もとは中国の古式の敬礼の一つで、両手を胸の前で重ねてお辞儀する動作のこと。これが転じて、腕を組んで何もしないことを意味する。
「傍観」は、ただそばで見ていること。

こまねいてかたわらでる」と訓読する。

別表記:「拱手旁観」

四字熟語拱手傍観
読みきょうしゅぼうかん、こうしゅぼうかん
類義語
対義語
使用漢字