意到筆随とは

詩文などを作るとき、心のまま自然に筆が進むこと。

一般に「いたりてふでしたがう」と訓読する。

四字熟語意到筆随
読みいとうひつずい
出典『春渚紀聞』東坡事実・文章快意
使用漢字