安常処順とは

平穏な日々に慣れ、順境に身をおく状況。無風状態の平和でのどかな暮らしをいう。

例文

若い頃は野心に溢れていた彼だが、老後は安常処順な暮らしを望んだ。

四字熟語安常処順
読みあんじょうしょじゅん
出典『荘子』養生主
使用漢字