安居危思とは

平和な時にも、最悪な事態を想定して備えておくことが大切であるということ。
諺の「備えあれば患いなし」と同義。

「安きに居りて危うきを思う」と訓読する。

別表記:「居安思危きょあんしき

例文

安居危思の心がけが、被災後の生活を保たせた。

四字熟語安居危思
読みあんきょきし
出典『春秋左氏伝』
類義語
使用漢字