大処着墨とは

絵や文章を書くに当たって、まず最も大事なところから墨を入れるという意味で、最も大切なポイントを押さえて物事を行うことの喩え。

大処たいしょよりすみく」と訓読する。

四字熟語大処着墨
読みたいしょちゃくぼく
使用漢字