塞翁失馬とは

人生の幸福と不幸は定まりがなく、予測することができない。そのときの状況によって、幸福が不幸に、また不幸が幸福に転じるものだから、無闇に一喜一憂すべきではないということ。

中国北方の国境近く。砦に住んでいた老人が、買っていた馬に逃げられた。しかし数ヶ月後その馬が駿馬を連れて帰ってきた。
ところが老人の息子がこの馬から落馬。脚を骨折して大怪我を負ってしまった。
その後、胡軍が攻め込んできて戦争となり、若者たちはほとんどが戦死した。
しかし老人の息子は足が不自由なため徴兵を免れ、無事であった。

一般に「塞翁が馬」と言われ用いられるが、これは「人間万事塞翁が馬」を略した言葉。

別表記:「塞翁之馬」

四字熟語塞翁失馬
読みさいおうしつば
出典『淮南子』人間訓
英訳Joy and sorrow are today and tomorrow.
類義語
使用漢字