図南鵬翼とは

南の果ての海に向かって、大きな鳥が羽ばたいていることを意味する。
志を抱いて大事業を企てることの喩え。

別表記:「図南之翼となんのつばさ

四字熟語図南鵬翼
読みとなんほうよく
出典『荘子』逍遥遊篇
使用漢字