噬指棄薪とは

母と子の気持ちがよく通じ合っていることの喩え。

ゆびみてたきぎつ」と訓読する。

後漢の蔡順さいじゅんが薪を採りに行っている間に来客があって、母が困って自分の指を噛むと、その気持ちが通じて、蔡順が薪を捨てて帰ってきたという故事が由来。

四字熟語噬指棄薪
読みぜいしきしん
出典『白孔六帖』孝噬指
使用漢字