伯夷叔斉とは

清廉潔白な人物のこと。

伯夷はくい叔斉しゅくせいは兄弟で、古代中国、いん孤竹国こちくこくの王子だった。
父は弟の叔斉に跡を継がせようとしたが、二人とも譲り合って国を出て、周の文王のもとに身を寄せた。
文王の死後、武王は殷の紂王を討ったが、これは不義であるとして、二人とも首陽山に隠れ、ワラビのみを食し、清節を保ったまま餓死したという。

四字熟語伯夷叔斉
読みはくいしゅくせい
出典『史記』伯夷伝
使用漢字