三聖吸酸とは

儒教の蘇軾そしょく、道教の黄庭堅こうていけん、仏教の仏印禅師ふついんぜんじの三人が、桃花酸とうかさんという酢を舐めて三人ともその酸っぱさに顔を歪め、眉をひそめたという架空のエピソード、またはその風刺画のこと。
思想も宗教も異なっているが、酢の酸っぱさは変わらない真理であるという意味。

東洋画の画材としてよく扱われる。
儒教の孔子、道教の老子、仏教の釈迦を描く場合もある。

同義語:「三酸図」

四字熟語三聖吸酸
読みさんせいきゅうさん
使用漢字