七生報国とは

例え死んだとしても、七度生き返って国のために報いること。

後醍醐天皇に仕えていた楠木正成が、足利尊氏の軍に敗れて自刃したときに誓った「七度人として生まれ変わり、朝敵を誅して国に報いん」という言葉に由来する。

四字熟語七生報国
読みしちしょうほうこく
使用漢字