一字千金とは

一字が千金に値するほどの立派な文字や文章。
または厚い恩恵。

秦の丞相「呂不韋りょふい」が『呂氏春秋』を著したとき、それを王都である咸陽かんようの城門に置き、「一字でも添削できた者には千金を与えよう」と言った。

四字熟語一字千金
読みいちじせんきん
出典『史記』呂不韋伝
英訳Greatly prized writing
使用漢字