麦秀黍離とは

祖国が滅亡したことを嘆くこと。

殷の王族であった箕子が、滅亡した殷王朝の廃墟を見て悲しみを詠った『麦秀之詩』と、東周の大夫が西周の王宮の跡が黍畑となって荒れ果てているのを見て嘆いて詠った『黍離』という詩の題名を重ねた言葉。

四字熟語麦秀黍離
読みばくしゅうしょり
出典『史記』宗微子世家
対義語
使用漢字