髀肉之嘆とは

実力を発揮する機会に恵まれないことを嘆き悲しむこと。

蜀の「劉備りゅうび」が不遇の生活を送っていたころ、長い間戦場に出ることもなく、馬に乗る機会もなかったため、太股に肉が付きすぎてしまったことを嘆いたという故事が由来。

四字熟語髀肉之嘆
読みひにくのたん
出典『三国志』蜀志
類義語
使用漢字