駟不及舌とは

一度口から出た言葉は、四頭の馬車で追いかけても、もはや追いつくことができないから、口は慎むべきものだという教訓。

したに及ばず」と訓読する。

読みしふきゅうぜつ
出典『論語』顔淵篇
使用漢字