陰陽五行とは

陰陽思想いんようしそう」と「五行思想ごぎょうしそう」を一つにまとめたもの。

陰陽思想とは
古代中国神話に登場する帝王「伏羲ふくぎ」が創造したもので、全ての事象は単独で存在するのではなく、すべて「陰」と「陽」という相反する形(例:明暗、天地、男女、善悪、吉凶など)で存在し、万物の生成消滅はこの陰陽の二気によって起こるという思想。
五行思想とは
夏王朝の始祖「」が発案したもので、万物は「木」「火」「土」「金」「水」という五つの要素により成り立つとする思想。

後に斉王朝の「鄒衍すうえん」によって陰陽思想と五行思想が統合されて、陰陽五行思想として完成する。

四字熟語陰陽五行
読みいんようごぎょう、おんようごぎょう
類義語
使用漢字