象牙之塔とは

芸術家や学者が自らの研究に没頭して、俗世間から疎遠になること。

アトリエや研究室などの閉鎖的な環境に逃避すること。または、そのような状況にいる人物を揶揄する表現として用いる。

フランス語の「La tour d'ivoire」の訳語。

小説家『Charles Augustin Sainte-Beuve(サント・ブーヴ)』が、詩人『Comte Alfred Victor de Vigny(アルフレッド・ド・ヴィニー)』の態度を批判して使われるようになった。

四字熟語 象牙之塔
読み ぞうげのとう
出典 『旧約聖書』雅歌
英訳 Ivory tower
使用漢字