薏苡明珠とは

無実の疑いをかけられること。

古代中国。後漢の馬援が交趾こうし(現在のベトナム)から転任するとき、特産の苡の実が南方の風土病によく効くので車に積んで持ち帰ったところ、都の人々にその車には真珠が満載されていると讒言され、天子の怒りに触れたという故事が由来。

四字熟語薏苡明珠
読みよくいめいしゅ
出典『後漢書』
使用漢字