臨終正念とは

臨終に際して、一心に阿弥陀仏を念じて極楽往生を願うこと。死に臨むときも心を穏やかに保つこと。

「臨終」は「臨命終時りんみょうしゅうじ」の略で、命が終わろうとしているとき。死に際。
「正念」は心を正しく静かに保つことを意味する。

四字熟語臨終正念
読みりんじゅうしょうねん
英訳(Buddh) holding the proper state of mindfulness at the moment of death
使用漢字