臨淵羨魚とは

水の中を覗き込んでいるだけでは魚は手に入らないので、まず家に帰って魚を捕らえる網を編んだほうが良いという意味。

欲するだけではなく、有効な手段を講じて具体的な行動に移すべきだとという戒めの言葉。

ふちのぞんでうおうらやむ」と読み下す。

類義語:「臨河羨魚りんがせんぎょ

四字熟語臨淵羨魚
読みりんえんせんぎょ
出典『漢書』董仲舒伝
使用漢字