脚下照顧とは

禅宗の言葉。自分の足元をよく見ろという教訓。
己の過去の言動などを見つめ直し、よく考えるべきであるという自己反省を促がす意味に用いる。

別表記:「照顧脚下しょうこきゃっか

読みきゃっかしょうこ
使用漢字