百八煩悩とは

人間の迷いの原因となるすべての欲望のこと。

人間の感覚を司る「眼・耳・鼻・舌・身・意」の六根に、「色・声・香・味・触・法」の六塵の刺激があると、それぞれ「好・悪・平」の三種、合わせて十八の煩悩が生じる。これが「浄・染」の二種にわかれて三六種、さらに「過去・現在・未来」の三つに分類されて合計百八種とされる。
「6 × 3 × 2 × 3 = 108」

読みひゃくはちぼんのう
英訳The 108 kleshas
使用漢字