百人一首とは

百人の歌人の和歌を一首ずつ選び集めた歌集。
またはそれを「かるた」にしたもの。

中でも藤原定家が京都の小倉山の山荘で選んだと伝えられている小倉百人一首おぐらひゃくにんいっしゅが最も有名で、これを模倣して様々なものが作られた。

四字熟語百人一首
読みひゃくにんいっしゅ
使用漢字