無手勝流とは

戦わずに、策略によって相手に勝つこと。
または自分勝手なやり方。自己流。

戦国時代の剣豪の塚原卜伝つかはらぼくでんが、琵琶湖の矢橋やばせの渡し船の中で真剣勝負を挑まれたとき、相手をそそのかして先に小島に上がらせ、自分はそのまま竿を突いて船を出し、「戦わずして勝つ、これが無手勝流だ」と、その血気を戒めたという故事が由来。

四字熟語無手勝流
読みむてかつりゅう
出典塚原卜伝
英訳Winning without fighting
使用漢字