母猿断腸とは

深い悲しみや苦しみの形容。

中国。晋の武将「桓温かんおん」が船で蜀へ行く途中、部下が子猿を捕らえて船に乗せた。
母猿が連れ去られた子猿の後を岸伝いに追い、百里ほど行ったところで船が岸に近づくと、母猿は船に飛び移ったが、そのまま息絶えて死んでしまった。母猿の腹を割いてみると、腸がずたずたに断ち切れていた。

この故事から、はらわたがちぎれるほどの耐え難い悲しみを「断腸」「断腸の思い」などと言うようになった。

四字熟語母猿断腸
読みぼえんだんちょう
出典『世説新語』黜免
類義語
使用漢字