楚囚南冠とは

捕虜となり囚われても、祖国のことを忘れないこと。

「楚囚」は楚の国の囚人を意味する。

中国の春秋時代。楚の鐘儀しょうぎは晋に捕らえられていても、祖国である楚の国の冠を被っていたという故事が由来。

四字熟語楚囚南冠
読みそしゅうなんかん
出典『春秋左氏伝』成公九年
類義語
使用漢字