桜梅桃李とは

桜、梅、桃、すもものこと。
それぞれが独自の美しい花を咲かせるように、他人と自分を比べることなく、個性を磨こうという教訓を含んでいる。

『古今著聞集』の『草木』の項に「春は桜梅桃李の花あり、秋は紅蘭紫菊の花あり、皆これ錦繍の色、酷烈の匂なり」とあるのが語源。

四字熟語桜梅桃李
読みおうばいとうり
出典『古今著聞集』
英訳Cherry-plum-peach-apricot
類義語
使用漢字