桂玉之艱とは

他の土地から物価の高い都会に来て、生活難に悩みながら暮らすこと。また、都会に出てきて苦学することの喩え。

古代中国戦国時代。遊説家の蘇秦そしん威王いおうと面会するために楚を訪れたが、三か月も待たされた。
その間、高い物価に悩まされ、威王と面会したときに「食べ物は宝玉よりも高く、薪は香木よりも高い」と嘆いたという。

四字熟語桂玉之艱
読みけいぎょくのかん
出典『戦国策』楚
使用漢字