曇華一現とは

「曇華」は優曇華うどんげまたは優曇波羅華うどんはらげという想像上の花のことで、仏が現れるときなど、三千年に一度だけ花を咲かせるという。
滅多にない珍しい機会の喩え。

四字熟語曇華一現
読みどんげいちげん
出典『法華経』方便品
類義語
使用漢字